専業主婦の勉強記録

勉強、おでかけ、おやつの記録です。

日和田山ハイキング

埼玉県日高市の日和田山に行きました。

末っ子が3歳になり、初の抱っこ紐無しハイキングです。

 

西武秩父線の高麗駅からスタート。

f:id:pkabocha:20220923231508j:image

 

巾着田方向に向かって歩きます。

道標があるので安心。

f:id:pkabocha:20220923231454j:image

 

9月10日、彼岸花は咲始め。

2022年は9月17日〜10月2日が巾着田曼珠沙華まつり。

f:id:pkabocha:20220928234145j:image

 

これに従う。

f:id:pkabocha:20220923231605j:image

急坂ない方に進みましたが、道標が途切れ迷いました。

 

でも、なんとかなった。高麗神社方向に行けばいいみたい。

f:id:pkabocha:20220923231546j:image

高麗駅から日和田山までは徒歩20分のはずが、40分くらいかかりました。

 

ここまでくれば安心。

f:id:pkabocha:20220923231551j:image

もう迷うことはない。

 

コースはいくつかあります。

f:id:pkabocha:20220923231523j:image

男坂・女坂の他に、男岩・女岩というのもあります。

岩の方はクライミングで人気らしいです。

下山の時に見ようと思いましたが、頂上からの道がわからず行けませんでした。(道案内図の写真を撮ったことはすっかり忘れていた。)

 

絵本に出てきそうな可愛らしいキノコがちらほら。

f:id:pkabocha:20220923231535j:image

 

危ないのもあるらしい。

f:id:pkabocha:20220923231615j:image

このビラが無かったら気になって触ってしまいそうなフォルム。

毒性が強く、食べると死ぬこともあり、触るだけでも皮膚炎を起こすそうです。

 

10分くらいで一の鳥居。

f:id:pkabocha:20220923231554j:image

 

男坂と女坂に分かれます。

f:id:pkabocha:20220923231527j:image

私は小学生2人と男坂へ。

夫と3歳4歳は女坂へ。

 

岩の階段を登ります。

f:id:pkabocha:20220923231602j:image

 

木の根も登ります。

f:id:pkabocha:20220923231539j:image

 

岩じゃない道もあった気がするけど、小学男児たちは好んで岩場を進んで行きます。

f:id:pkabocha:20220923231542j:image

 

手も使ってよじ登る。

f:id:pkabocha:20220923231512j:image

ゆったり目のズボンを履いていきましたが、すごく登りにくい。途中、岩に膝を強打して青あざになりました。体にフィットする動きやすい服が良さげです。

 

上からの図。

f:id:pkabocha:20220923231520j:image

覗き込むのが怖いくらいの断崖でした。

男坂は幼稚園児の遠足ルートにもなってる、との情報を見たのですが…幼児にはハードに感じました。

でも楽しかったよ。雨上がりは滑って危ないかな。

 

二の鳥居

f:id:pkabocha:20220923231612j:image

鳥居越しに見えるのは巾着田。

シーズンには赤くなるのかな?

 

少し歩いて頂上。

f:id:pkabocha:20220923231501j:image

標高305m。

 

雲が富士山に見えた。

f:id:pkabocha:20220923231516j:image

ランドマークは見つけることができず。

 

この小屋は?

f:id:pkabocha:20220923231557j:image

 

スタンプでしたよ。

f:id:pkabocha:20220923231457j:image

 

帰りは女坂を下ります。

f:id:pkabocha:20220923231450j:image

 

林道、少しぬかるんでました。

f:id:pkabocha:20220923231505j:image

 

岩場には手すりがあります。

f:id:pkabocha:20220923231531j:image

 

4歳児がトイレに行きたいと言うもんだから、少し急ぎ目に歩いたら、あっという間に登山口まで戻りました。帰りは早い。

 

14時半〜17時。人はそんなに多くなかった。午前中の方が多いのかしら?

 

3歳児も抱っこをねだることなく、登って降りてこれました。

 

いつかはみんなで男坂行きたいな。