専業主婦の勉強記録

勉強、おでかけ、おやつの記録です。

夏休み2022② 椿山荘で東京雲海

帰省をしない3度目の夏。

思い出作りのため、都内のホテル、椿山荘に行ってきました。

f:id:pkabocha:20220812224046j:image

 

小学生以下添い寝無料、12歳未満エキストラベッド無料です。

大人二人+小学生二人+未就学児二人の我が家も一部屋に宿泊できました。

 

チェックインの際、子供にプレゼントされたウサギたち。

f:id:pkabocha:20220818060931j:image

かわいらしい。ピョン太、ピョン吉、ピョン介、ぴょん、と名づけられましたが、全く見分けがつきません。

 

高級ホテル感漂う廊下にテンション上がる。

f:id:pkabocha:20220812224126j:image

 

お部屋

6階、ガーデンビュー。

f:id:pkabocha:20220812224058j:image

予約時にリクエストしたエキストラベッドも、しっかり用意されていました。

120㎝幅のベッド2台と100㎝幅のエキストラベッド1台。

いつも90~100cm幅のシングル布団3枚に6人寝ているため、全く手狭には感じませんでした。

 

お風呂では子供たちがプールごっこをしていました。身長90㎝の子がけのびの練習できるくらいの大きさです。身長160㎝の大人も足を伸ばして肩まで浸かれます。

シャワーブースは独立しています。

f:id:pkabocha:20220812224101j:image

 

アメニティ。


f:id:pkabocha:20220812225809j:image

f:id:pkabocha:20220812225804j:image

ヘアケア、石鹸、ボディクリームはロクシタン、スキンケアは椿油。

 

そして、キッズフレンドリー。


f:id:pkabocha:20220812225707j:image

f:id:pkabocha:20220812225711j:image

子供用パジャマの貸し出しもありますよ。小さい子が着ると、ぶかぶかの柔道着みたいでかわいかったです。

 

コーヒーを淹れて、売店で買ったお菓子を食べて一服。


f:id:pkabocha:20220812225854j:image

f:id:pkabocha:20220812225857j:image

チーズクラッカーのラボッシュは1日11箱の限定品。1箱650円。袋入りだと450円でお得。チーズのおこげを食べているかのようなバリバリとチーズ味で、量も意外と多いです。袋入りは日持ちが当日中なので要注意。翌朝食べたら少し湿気っていました。おいしいよ。

 

庭園

夕方少し涼しくなってから、庭園散策。

この旅のメインは東京雲海を見ること。

写真が上手く撮れず、湯煙みたいになった。

庭園は「散策自由」と昔ガイドブックに書いてあったけど、今はホテル利用者のみ散策できるみたいです。


公式サイトにありました。

ホテル椿山荘東京 庭園の歴史や自然の風情は、ご宿泊やレストラン、ご宴席等をご利用いただきましたお客様にお楽しみいただいております。

通り抜けおよび、ご飲食のお持込はご遠慮いただいております。

2018年付けなので、コロナは関係ない。


椿山荘の七福神巡りもできます。
f:id:pkabocha:20220812224115j:image

 

有形文化財の三重塔。
f:id:pkabocha:20220812224120j:image

 

写真スタンドもあるので集合写真も撮れます。
f:id:pkabocha:20220812224109j:image

 

風鈴の音で涼む。
f:id:pkabocha:20220812224054j:image

 

かつて椿が自生する「つばきやま」だったこの地を、山縣有朋が気に入り購入。庭、邸宅を作り「椿山荘」と名付けたそうです。

f:id:pkabocha:20220812232550j:image

 

庭園は結構広く、アップダウンもあり、緑豊かなため蚊も多い。ヒールだと少し歩きにくかったです。

 

夕食

ホテルで食事するほどの予算は無いので外出。

ロイヤルホストです。高級ファミレスはホテルステイにも相応しいと勝手に思ってる。
f:id:pkabocha:20220812224112j:image

お子様ランチも可愛いし。イラストは紅茶検定の合格証と同じ、カレルチャペック紅茶店によるもの。

www.garibensyuhu.com

 

 

ロイホといえば、オニオングラタンスープ。
f:id:pkabocha:20220812224050j:image

少し酸味があるんですね。

 

夜の庭園

暗くなってからの外出に非日常を感じる。

ライトアップの光景にうっとり。

f:id:pkabocha:20220812230024j:image

 

月も映える。
f:id:pkabocha:20220812230031j:image

 

お部屋に戻ると、お掃除に来ていただいた形跡が。
f:id:pkabocha:20220812230028j:image

 

お部屋から眺める庭園。この景色が見たかった。

f:id:pkabocha:20220812230020j:image

22時台には2回大雲海があり、増し増しの霧に包まれます。

 

おはよう

良い天気。

f:id:pkabocha:20220812230421j:image

6時台、7時台も大雲海。

 

窓の手前にも霧がやってくる。
f:id:pkabocha:20220812230413j:image

雲海の中にいる気分が味わえます。

「picturesqueってこういうことか!」と思うような写真が、窓越しにたくさん撮れました。

 

庭園に出てみる。

f:id:pkabocha:20220812230547j:image

やっぱり写真は上手に撮れないけれど、すごい霧でした。普通に前が見えなくなります。

11時台に香り付きの雲海もあったけど、香りがほのかすぎて一瞬感じる程度でした。

 

庭園最寄りのトイレにはドアがある。

見つけられずに素通りしました。
f:id:pkabocha:20220812230416j:image

 

朝食

歩いて5分くらいだっけな?関口フランスパンに行きました。


f:id:pkabocha:20220812230616j:image

f:id:pkabocha:20220812230620j:image

バゲットはカットしてもらいました。

食いしん坊のパン大好き2歳児はたくさんのパンを見て「おかわりたくさんあるね」とルンルンしていました。商品だけどねー。

 

チェックアウトは12時だからそれまでお部屋でのんびりできます。

f:id:pkabocha:20220812230811j:image

製氷機もあるので、アイスコーヒーだって作れちゃう。

 

寄り道して帰る

f:id:pkabocha:20220812230802j:image

椿山荘お向かいの東京カテドラル聖マリア大聖堂。丹下健三の設計です。

空腹の子供たちが静かにできそうになかったので中には入らず、外観みただけ。

 

護国寺の音羽富士。

神社だけど護国寺の境内?
f:id:pkabocha:20220812230806j:image

富士山に登ったのと同じご利益があるはず。

 

護国寺にも露座の大仏がありました。
f:id:pkabocha:20220812230758j:image

 

そして、なんと。

f:id:pkabocha:20220818075720j:image

護国寺には椿山荘ゆかりの山縣有朋のお墓があるんです。上の地図はちょっとずれてるかも。

山縣家のお墓を見学して椿山荘ホテルステイを締めたことに満足したのですが、山縣家のお墓とは別に山縣有朋のお墓があることを知ってがっかりした今。

山縣有朋のお墓は本堂の裏にあるそうです。鳥居が目印とな。

護国寺には大隈重信のお墓もあるそうです。

 

群林堂の豆大福を買って帰りました。

包み紙に「和洋御菓子」「CAKE」って書いてある。洋菓子も売ってるのかしら?

f:id:pkabocha:20220818220441j:image

 

ぼってりゴロゴロ豆大福。
f:id:pkabocha:20220812230754j:image

美味しかったです。

ごちそうさまでした。