専業主婦の勉強記録

育児疲れを資格勉強で癒す。勉強、おでかけ、食べた物の記録です。

いたばしボローニャ子ども絵本館に行きました

惨敗した、第26回いたばし国際絵本翻訳大賞。

www.garibensyuhu.com

 

いたばしボローニャ子ども絵本館で入賞作品が読めます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月5日まで休館予定。

いたばしボローニャ子ども絵本館|板橋区立図書館

 

結果が発表されてすぐに行ってみました。

f:id:pkabocha:20200307072427j:image

旧板橋第三小学校内にあります。

絵本館は3階です。エレベーターは建物に入って左奥にあります。
f:id:pkabocha:20200307072419j:image

お部屋は教室1つ分。約100カ国、2万6千冊、70言語の世界の絵本を所蔵しています。

利用は館内閲覧のみ。靴を脱いで上がれるスペースもあります。

 

翻訳大賞の入賞作品は5作品が1つのファイルに入れられた状態で閲覧できます。

全て読んだ感想は

「私にはこんな文章書けない」

ちゃーんと、絵本なんですよね…読んでいて楽しくなるような言葉選び。

比べて私の作品は、英文解釈は間違えてはいなさそうでしたが、日本語の文章がまるで、テストの模範解答のような面白みのないものでした。

 

発見したことは

・タイトルと最後の1文の訳し方

→英文は両方とも"That's what friends are for"。当然訳も一致すべき、と思っていたのですが、大賞含む2作品で、2文を異なる訳にしていました。

・語調

「だ・である」調もしっくりくる。寧ろ好き。

→4作品が「です・ます」調、1作品が「だ・である」調でした。テンポよく読みやすい。

 

英語を必死に勉強しても、入賞作品の域には到底及ばないなー、と感じました。

 

板橋区立いたばしボローニャ子ども絵本館

開館時間  10:00〜17:00

休館日  月曜日・月末日(土休日にあたる場合は直後の平日)、12月29日〜1月4日

入館料  無料

アクセス  都営三田線板橋本町駅から徒歩5分

いたばしボローニャ子ども絵本館|板橋区立図書館

 

せっかくなので、東武東上線の中板橋駅までお散歩。気になるパン屋さんとお菓子屋さんに寄って帰りました。

 

手ごね  まめぱん屋

f:id:pkabocha:20200307072648j:image

f:id:pkabocha:20200307072654j:image

(左)クリームパン、パンプキン、豆パン

(右)食パン、チーズパン

絵本館から徒歩5分。最寄駅は都営三田線の板橋本町駅。駅から少し離れた裏通りにあります。お店は広くないけど、カフェスペースもあります。パンプキンがかぼちゃクリームたっぷりで美味しかった。朝食にしたチーズパンも中にチーズがゴロゴロ。

営業時間  11:00〜18:00

休み  日・月・火

東京パンBEST GUIDE ウォーカームック

東京パンBEST GUIDE ウォーカームック

  • 発売日: 2018/03/30
  • メディア: ムック
 

 

 

欧風菓子 白鳥

f:id:pkabocha:20200307072734j:image

f:id:pkabocha:20200307072738j:image

(左)白鳥のシュークリームが美しい。食べにくそうだけど、羽でクリームをすくいながら食べると食べやすい。カスタードと生クリームのWクリームです。

(右)バウムクーヘンも人気らしく、個数制限のある切れ端をゲット。しっとり。

営業時間  9:00〜20:00

休み  

中板橋の欧風菓子 白鳥〜森の精バームクーヘンが人気です。