専業主婦の勉強記録

4人育児の傍らで、趣味で資格の勉強中。今の大きな目標は通訳案内士。勉強、おでかけ、食べた物の記録です。

秩父旅行①農園ホテルと秩父神社

2019年の年末旅行は秩父でした。

0〜5歳の乳幼児4人、夫、私の6人です。

ゆっくり観光は出来そうにないので、気分転換が目的です。

 

 

旅程

1日目

・西武線で西武秩父駅へ。

・農園ホテル宿泊

2日目

・秩父神社

・祭りの湯でランチ、買い物

 

農園ホテル  別館ファームシティ

f:id:pkabocha:20200104001335j:image

ムーミンバレーパークのオフィシャルホテルだそう。

本館と別館がありますが、別館に宿泊しました。別館はコンドミニアム型のお部屋です。


f:id:pkabocha:20200105064527j:image

f:id:pkabocha:20200105064537j:image

西陽が強めなのでカーテン。

風呂トイレ一緒の1ldkの寂れたマンションな感じ。小さな子供がいるので、布団で寝られる和室があり、お風呂がついている部屋を選びました。

別館は、お風呂(展望温泉)やレストランがある本館から屋外の通路を通る必要があります。それが寒い。入浴後ゆっくりしていると、お部屋に戻る間に湯冷めします。

 

この宿泊での1番の楽しみは食事(バイキング)でした。

写真はほんの一部です。


f:id:pkabocha:20200105233642j:image

f:id:pkabocha:20200105233638j:image

f:id:pkabocha:20200105234100j:image

f:id:pkabocha:20200105234106j:image

夕食の天ぷら、秩父うどんがお気に入りでした。ソフトクリームは自分で作れます。朝から豊富な品数を食べられるのも幸せ。夜も朝もお腹いっぱいいただきました。

 

秩父神社

創建2100年以上、知々夫国(ちちぶのくに)の一ノ宮。現在の社殿は徳川家康が1592年に寄進したもので、重要文化財です。

f:id:pkabocha:20200106051125j:image

社殿に施された虎、猿、梟、龍が見どころだそうで、ぐるっと周って探してみました。

 

 

子育ての虎

f:id:pkabocha:20200106051224j:image

徳川家康は寅の年、寅の日、寅の刻生まれなんだそう。それにちなんでか、拝殿前は四面に寅の彫り物が施されています。

親の心得

赤子には肌を離すな

幼児には手を離すな

子供には眼を離すな

若者には心を離すな

とありました。

身に染みるわー。

昨年、街中で2歳児の手を離して見失ってしまい警察を呼んだことがありました。30分後くらいに無事に見つかりましたが、2019年一番の反省です。

 

お元気三猿
f:id:pkabocha:20200106051231j:image

「よく見、よく聞いて、よく話そう」

日光東照宮の「見ざる言わざる聞かざる」とは違い、全く「さる」に掛かっていません。「いつまでもお元気で」とのことです。

御祭神の妙見様は、人間の元気な命を司る神様として信仰されてきたことから、特に不老長寿のご利益があるとされています。

 

北辰の梟  

f:id:pkabocha:20200106104347j:image

体は正面の本殿、頭は正反対の真北を向き、御祭神をお守りしています。知恵のシンボルとも言われています。

 

つなぎ龍
f:id:pkabocha:20200106051237j:image

補修工事中。令和五年12月31日までだっけな?あと4年くらい。

 

龍を見たくて「工事が終わるまで待つから帰らない」と言う3歳児を梟サブレでつる。

f:id:pkabocha:20200106051735j:image

サブレに刻まれた予想外の絵に驚く。鳩サブレーのように梟の形をしているわけではないです。

 

表参道で見た、つなぎの龍

f:id:pkabocha:20200108101020j:image

 

 

次回はお土産の記録です。

 

 

www.garibensyuhu.com