専業主婦の勉強記録

育児疲れを資格勉強で癒す。勉強、おでかけ、食べた物の記録です。

山手線内最高峰、箱根山に登頂しました

登山前の腹ごしらえはハンバーグ。

東京メトロ西早稲田駅出てすぐのBig Boyです。


f:id:pkabocha:20191215220549j:image

f:id:pkabocha:20191215220545j:image

子供用の食器がオリジナル なんですね。サラダバーの野菜も絶えることなく補給され、マカロニサラダやチキン、豆腐もあり、それだけでバランスを考えた食事が完結できそうでした。

 

さて、登りますか。

 

f:id:pkabocha:20191215215756j:image

箱根山の標高は44.6mで、山手線の内側で一番標高の高い場所となっています。

この辺りは、かつて尾張徳川家の下屋敷(約13万6千坪)であり、戸山荘と呼ばれていました。その敷地の8割以上は庭園だったそうです。筑山の多い大名庭園であり、中でも、丸い椀を伏せたような形の玉円峰は庭園内最高峰。池を掘った土で築いた人工の山で、明治以降に「箱根山」と呼ばれるようになりました。

 


f:id:pkabocha:20191215215751j:image

ここまではベビーカーでも行けます。階段も急ではないので幼稚園児はスタスタと、未就園児でも楽しく歩いていました。手摺もあるので、赤ちゃんを抱っこ(抱っこ紐使用)していても安心して登れます。 

 

山頂の風景


f:id:pkabocha:20191215220051j:image

f:id:pkabocha:20191215220057j:image

 

紅葉も綺麗でした。

f:id:pkabocha:20191215220208j:image

 

箱根山は戸山公園内に位置しています。

戸山公園は明治通り(東京都道305号)を挟んで箱根山地区と大久保地区に分かれています。

箱根山があるのは箱根地区ですが、大久保地区にある戸山公園サービスセンターに行き自己申告すると登頂証明書を発行してもらえます。A6サイズ、無料です。

f:id:pkabocha:20191215220417j:image

 

箱根山地区から大久保地区への通り道、新宿コズミック通りはイチョウがきれいでした。所々にモニュメントがありました。

f:id:pkabocha:20191215220145j:image

何らかのメッセージが込められているのでしょうか。

 

ファミマカフェで一服。お疲れ一杯。

f:id:pkabocha:20191215230102j:plain

クリスマス仕様のカップ。カフェラテにシナモンパウダーをかけてシナモンラテにするのが好きです。