専業主婦の勉強記録

時々 さんぽ

漢検と、フルーツサンドと牛皿と。

CBTで漢字検定二級を受験してきました。

 

朝ごはんはフルーツサンド

f:id:pkabocha:20190728231209j:image

果実園リーベル 新宿店です。

フルーツパフェ パンケーキ フルーツサンドなら果実園

朝から賑わっており、席は2時間制でした。一人客用にしているような席もあり、「1人なのにテーブル占拠して申し訳ないから早く出なきゃ」なんて思わずに、自分の時間を過ごすことができました。手で持つとこぼれてしまうほどのフルーツたっぷりのサンドイッチは意外とボリュームがあり、さらにフリードリンク(コーヒー、紅茶)。スイカの甘さとバナナでお腹もパンパンでした。色んなフルーツが食べられて幸せ。ごちそうさまでした。

 

試験会場のテストセンターは、この果実園リーベルのお隣です。

f:id:pkabocha:20190728232350j:image

6階。

初めてのCBTでした。

受付を終えてロッカーに荷物を入れたら、試験時間の10分前から入室できました。

入室前に試験の説明のほか、メガネのチェックまであります。やらなきゃいけないことになっているようです。

漢検の場合、トイレ退出も認められないため、トイレは大丈夫かと2度確認されました。全ての漢字との接触を断つのですね。

 

会場に入室して、指定のパソコン前に座ったら、あとは自分で操作します。久しぶりのキーボード入力に少しドギマギしました。操作方法の動画が終わったら練習問題でキーボード入力とタッチペン入力の練習をして、本試験開始です。タッチペンだと普段より字が汚く見える気がしました。

 

1人でパソコンいじってるだけなので、ウェブ問題集を解いている感覚。制限時間は60分ですが、50分くらいで見直しにも飽きたので試験終了。出席証明書を印刷し、ログアウトしてから退出します。

 

9割くらい取れている手応えでした。ただ、試験場の緊張感や一体感はなく、物足りなさも感じました。

 

合否結果は8日後の午前10時からホームページで確認できます。

 

久しぶりの新宿にテンションが上がったのは朝だけ。歩いていると人や建物の多さに疲れてしまったので、帰ることにしました。

 

吉野家で軽くランチ

f:id:pkabocha:20190729001111j:image

のつもりが、けっこうガッツリ。麦とろ牛皿。濃いめだけど美味しい。

 

 

次は何の試験を受けようかな。